無職、ブラックリストでもデビットカードは持てる?

      2017/02/07

いわゆるブラックリストの方などでクレジットカードが持てない方にとっては最後の砦とも言えるデビットカード。
最近はかなり多くのデビットカードが存在しています。
さて、気になる審査があるのかないのかですが結局のところ各発行元によって違ってきますが一つだけ言えるのは約款に個人信用情報機関云々という文言がなければ信用情報は見ないということです。
従ってデビットカードに申し込む際に約款をよく読んでみましょう。CICなどの信用情報機関に情報を登録するとかそういった条項がなければ信用情報に傷がある方でも安心といえましょう。

では、クレジットカードのように職業や年収で審査にかけているのかと言えば、ほぼやっていないと言えるでしょう。
私はこれまで、スルガ銀行、旧イーバンク、現楽天、りそな銀行、三菱東京UFJ、ソニー銀行、住信SBIとかなりのデビットカードを作ってきました。
過去記事にもありますように、信用情報には異動記録がついてますがデビットカードは作れました。デビットカードに申し込む時には職業などの記載欄がそもそもありませんからまったく関係ありません。もし、申込書などに職業の記載欄などがあれば無職の方は自営業でいいでしょう。
ただ、一つ言えるのはこれは当然ですが過去、当該金融機関で事故を起こしていればデビットカードは発行されないとみていいでしょう。

これも過去記事に記載したと思いますが、以前スルガのVISAデビットで滞納したことがあり強制退会させられたことがありましたが、それから再度申し込んだところあっさり否決でした。

このことから言えるのは、デビットカードはクレジットカードのような審査はないが完全に審査がないのかといえばそうは言えないということでしょうか。
現実に申込の際公共料金の領収証などが必要で未納があるようだと否決になるような(スルガ銀行だったと思います)場合もあります。

デビットカードは口座残高以内しか使えないから審査不要とはいうものの、実際は口座にお金がなくても使える場合もありますので発行元はそれなりに神経質にならざるを得ないようです。

 - デビットカード , , , , , , ,