タグ:信用情報

アメックスから手紙がきていました。

ペイフレックスの利用が再開されたとのこと。
アメックスのマイページで確認すると

確かに400000円の枠が復活しています。
信用状態悪化したら利用できなくなるとか枠が小さくなるというのはある意味当然なのかもしれませんけど、よくよく考えたらリボをどんどん使えと言いながら使うと利用停止にするってよく分かりませんね(笑)
自分ところだけ使って他のカード会社は使うなって意味かもしれませんが(笑)
いずれにしろ、他のカード作ってからというものアメックスまったく使わなくなりましたし。一応家電保険があるので値の張る家電製品買う時は使おうと思いますが。
エポスカードもゴールドになりましたし、どんどんアメックスさんの出番が遠のきそうではあります。

本日、アメックスから何やら封筒が届いていました。
遂にアメックスからカード強制解約のお知らせか!?と、ドキがむねむねしつつ封をあけてみるとなんとゴールドのインビテーションでした(笑)
数か月前はプラチナのインビをよこし今度はゴールドって、そんな数か月で人の信用がコロコロ変わるのでしょうか(そんなものはもはや信用がないと言う(笑))
しかも利用可能枠が一時一桁万円台にまで急落し、現在もまだ10万円しか利用枠がなく、ペイフレックスは利用停止になっているというのに(笑)
ゴールドのインビなんか多分適当に送っているに違いない・・・

とは言うものの、確かアメックスのグリーンを作ってから年間50万くらい使っても最初の数年はゴールドのインビテーションは送られてこなかった記憶があるので利用額だけではない何らかのアメックス基準があるんでしょうね。

いずれにしてもゴールドはおろかグリーンのプロパーでさえもはや保有価値が私にはかなり少なくなってきたのでゴールド作るとか狂気の沙汰です。

今回初めてCICでインターネット情報開示を行ってみましたので備忘録です。

これまでは郵送開示をしていましたが、これはインターネット開示に必要であるクレジットカードがなかったからです。
郵送開示は小為替を購入したりなにかと面倒ですがインターネット開示はその手間が不要です。
が、初めて開示して気になった点があります。

まず、指定のクレジットカードがないと利用できません。一部デビットカードにも対応しています。https://www.cic.co.jp/mydata/pc/index.html
ブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)である必要があります。
また、受付番号、情報閲覧の為のパスワードなどを必ずメモなどして忘れないようにしなければなりません。
そして、クレジット会社などに登録した際の電話番号を覚えている限り、と言っても入力欄がそう多くはありませんが、入力しないと情報に洩れがある可能性があります。

今回、インターネット開示と郵送開示での情報の内容を比較してみたところ1件だけ郵送開示の場合のみ記録されていてインターネット開示では記録されていない情報がありました。この情報はワイモバイルの情報でしたが保有期限は平成33年2月までとなっていましたので当然インターネット開示でも記録されていておかしくないですが記録されていませんでした。郵送請求の際の情報にはワイモバイルでの契約電話番号しか登録がなかったのですが、この電話番号をインターネット開示の際に入力しなかったせいかもしれません。もっとも既に情報が抹消されているという事もあり得ますのでなんとも言えませんが。

運転免許証を金融会社に登録した場合は運転免許証で紐づけて検索されると思いますが、ワイモバイルでの契約の際はこの情報も必要なかったのか(うろ覚えですが)郵送での開示を見ても記録されておらず紐づける事ができなかったのでしょう。

いずれしろ正確に自分の信用情報が分からないと意味がありませんから出来る限り運転免許証や電話番号は入力したほうがいいですね。

前回、アメリカンエキスプレスの利用可能額が5万円にひきさげられた話をしましたが、事実上の利用停止か?

その後、数日で10万円に回復し、更に本日利用可能額を照会してみると20万円まで利用可能額が回復していました。
アメリカンエキスプレスは少なくとも1か月に1度は途上与信をかけています。
そこで信用状態に変化があると(悪い方に)、利用可能額をその都度減額させているようです。
これが日本の通常のクレジットカードだと基本的には利用限度枠がそうそう変わることはありません(勿論まったくではないです)。アメリカンエキスプレスの場合はより柔軟に対応していると言っていいでしょう。
アメックスはよく一律に利用限度額のようなものはもうけていないといいますが、逆に言えば自由に限度額が変えられるわけです。アメックスの会員も目安の利用限度額は教えてもらえますが、それはあくまで目安であって使えると思っていた金額が使えなかったとしても文句は言えない、否、言わせない為に利用限度枠を事前に設定しないという保険をかけていると言えるかもしれませんね。
従って途上与信もそうですが、カードの利用状況などから個別のタイミングで利用可能額が変化してしまうのでいつもの感じでカードを使ったら使えなかった(限度額オーバー)という事態があり得るので注意が必要となります。
借金が多くなくても、他のカードの利用残高が多くなくてもこのような事態になる可能性があり、実際そういう報告もネット上で多いです。
私の場合は心当たりがあるので(笑)想定していましたが、心当たりがない人にとっては青天の霹靂でいきなりアメックスから通帳の残高のコピーを寄越せなどと言われたりすると、それはアメックスに対してかなり不信感を覚えますよね。
このあたりがアメックスに対する評判の悪さに影響しているのは想像に難くありません。

利用可能額が10万とか20万で、旅行にもほとんど行かない人が年会費12000円のカードを持つ意味はほとんどなそうですが(私のようなブラックは除く(笑))。

とは言え、アメックスには家電の保険やら、還元率の高いキャンペーンやらあるので魅力的な部分もありますがいかんせん年会費12000円はやはり私には高いと言わざるを得ません。