タグ:審査

アコムマスターカードに申し込んだ時、収入証明書の提出は不要でした。
私は自営業ですので貸金業法によれば自営業者の場合は収入証明書の提出は不要という記事を見かけたのですが本当でしょうか?
では、そもそもどういった場合に収入証明書が必要になってくるのでしょうか?
貸金業法について
上記は貸金業協会のリンクです。

総量規制により
「貸金業者が自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合か、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書面の提出が必要になりました。」
ということです。
では貸金業とはなんでしょうか?総量規制はクレジットカードも対象になるのか?アコムさんは正真正銘の貸金業者ですが、アコムマスターカードは一応クレジットカードですよね。色々と細かく考えていくと結構奥が深いですね。
総量規制とは?除外と例外
総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに制限されることです。従って貸金業者などは年収を確認する必要があるわけです。
まず総量規制の対象となるのは
「クレジットカード会社・消費者金融などからの無担保の借入れです。住宅ローン等は総量規制から除外されます。」
ということですのでクレジットカードのキャッシング枠も対象になりますね。
では必ず所得証明書などの書類が必要なのでしょうか?
アコムのサイトに分かりやすく書いてありました→おしえてアコム~改正貸金業法編~

これによれば
「他社を含めた借入総額が100万円以上」
もしくは
「アコムと50万円以上の契約を行う場合」
となっています。

アコムマスターカードはショッピング専用カードもありますが、通常はショッピング枠とキャッシング枠が一緒になっていますね。私の場合は40万円の限度額ですが、これはキャッシングもできる限度額です。

つまりこの事からすればアコムに申し込む場合、50万円未満で申し込めば収入証明書は不要となります。(勿論他の借り入れ残高がある場合は別ですが)総量規制に自動車のローンや銀行ローンは含まれるのか?→おしえてアコム総量規制編

借入残高には自動車ローン、銀行のローン、またクレジットカードでのお買い物の残高は含まれません。
また、個人事業主についても収入証明書の提出が不要のように書かれているサイトもありますが正確には事業資金のための借り入れの場合は総量規制の対象にはならないのでその場合は収入証明書の提出は不要になります。
従って私が今回アコムに申し込んだのは事業資金ではありませんから当然総量規制の対象になりますね。
ただ、申込金額は30万円で契約限度額は40万円でしたので結果的には収入証明書は不要になります。つまり、個人事業主だから収入証明書が不要なわけではないということです。完全に勘違いしていましたね。

ですので、アコムマスターカードに申し込む場合収入証明書を提出したくなければ50万円未満で申込み、アコムから50万にできると言われても40万にしておきましょう。そうすれば収入証明書は提出しなくてもいいことになります。

現在アコムにログインすると収入証明書の提出のお願いのお知らせがずっと掲載されたままになっていますが提出はしていません。提出していないですが今のところ限度額が下がったり、カードが利用停止になったりはしていません。

ブラックのくせにアコムマスターカードとアメリカンエキスプレスカードを作りましたが、その後信用情報がどのように変化しているのか気になったのでCICに信用情報の開示を請求してみました。アコマス、アメックスはクレヒスが積めるのか?気になる方もいると思いますので参考になさって下さい。
まず、信用情報機関のことをおさらいしておきましょう。

CIC・・・おもにクレジットカード会社及び信販系、分割で商品を購入する場合などに加盟機関が参照、記録しますので携帯電話、スマホなどの分割購入の情報も記録されます。
JICC・・・おもに消費者金融系。カードローンや信用保証会社も参照、記録します。
KSC・・・銀行さんが加盟しています。でもアメックスさんも加盟しています。なぜだか知りませんけど。

今回はCICに開示請求しました。私の住んでいる田舎ですとこういった信用情報機関の窓口がありませんので郵送で開示請求しなければなりませんが、1000円の手数料及び、住民票なども必要になってきます。バカにならない費用です。もっと安くなりませんかね?従って今回はCICのみにしました。

まず、情報を開示する方法3つあります。郵送、窓口、ネット(クレジットカード必要)ここらへんはCICのサイトを見たらすぐ分かると思いますので割愛しますね→http://www.cic.co.jp/
ちなみにアメックスが使えないというのは記事にしました→信用情報の開示にアメックスが使えない

さて、今回わたくしCICから電話がかかってきてちょっとびびったのですが、どうやら住民票を添付するのを忘れていたようです。
郵送で開示請求する場合は、郵便局で定額小為替を購入(手数料100円)、免許証のコピー、さらには住民票も必要だったのですが→本人確認書類

てっきり、そんなもんは必要ないと思っていました(笑)免許証のコピーで充分だろと(笑)どうもすいません。

でも優しいCICの方は電話確認を持って本人確認完了だとのことでした。ということでこれから情報を開示しようと思っている人で住民票代がもったいないと思う人は故意に添付せず電話確認ですませましょう(冗談ですよ)

さて、簡易書留のでっかい封筒でなんと20枚にも及ぶ情報が届きました。多分もっと多い人もザラにいるでしょうね。

信用情報の見方ですか、封筒にはご親切に信用情報開示報告書の見方なるリーフレットが同封されております。ありがとうございます。
こんなやつ↓
信用情報開示報告書の見方
ぶっちゃけ、大体見てれば分かります(笑)最初よく分からないのは$マークとかAマークが何を意味するのか?という点だと思います。
ちょっと軽くおさらいしましょう。
信用情報開示報告書のマークの意味

$マーク・・・請求通りの入金があった
Pマーク・・・請求額の一部入金があった
Rマーク・・・お客様以外からの入金があった
Aマーク・・・お客様の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)
Bマーク・・・お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
Cマーク・・・入金されていないがその原因がわからない
━マーク・・・請求もなく入金もなかった

となっています。一般的には$、P、Aマークが一番関係する部分だと思います。
$はきちんと払ったということでこれが一番いいですよね。
次にPとAですが、一般的にはAマークは遅れて入金したという風に考えていいと思います。期限までに入金がなかったが後で入金したと。
ではこの一部入金とはどういうことなのか?ですが、私の信用情報にも頻繁にPマークがついてます(笑)ええ、何度も遅滞して払いました(笑)でもそれってAマークとどう違うのかって話ですね。調べてみましたがここを詳しく説明しているサイトにめぐり合えませんでした。

私の経験からすると同じように遅れて支払っていて、同じ業者であってもAだったりPだったりしています。マークの並び準からするとPマークよりAマークのほうがネガティブなようですね(笑)

さて実際に情報をみてみましょう。
KDDIの異動記録4枚は華麗にスルー(笑)すると5枚目にアコム様の情報がございました。
アコムの信用情報の記録

いかがでしょうか?
契約の内容がカード等になっていますね。商品名ショッピングとなっています。
お支払いの状況は10月に購入したスマホの情報がのっています。
入金状況も$マークがついていて安心しました。この情報だけだと何を購入したのかはさっぱりわかりませんが。
ただ、アコムマスターカードの場合は他のクレジットカードと比較するとちょっと特殊なようで、7枚目の記録にまたまたアコムさんが登場。契約の内容が無保証融資となっています(藁)商品名はカードローンです。カードローンは利用していませんから当然残債額は0ですが。
アコマスの信用情報の開示記録

つまり、アコムマスターカードを作ると、クレジットカードと、カードローンを申し込んだような形に見えますね。
こういった情報はクレジット業界にいるプロの方から見たら、ああこの人アコマス作ったね・・・とすぐ分かると思います。
いずれにしてもクレジットヒストリー、略してクレヒスが積めることが分かります。
自己破産、或いは債務整理などをした方は事実上一定期間クレジットカードなどが作れませんよね。概ね5年程度は作れません。そして晴れて5年ほどして信用情報に記録がなくなって(喪明け)クレジットカードに申し込んでもほぼ作れません。なぜならクレジットヒストリーがまったくないスーパーホワイトだと、ははぁ~ん、この人昔自己破産とかやったんだな、と思われてしまうからです。もっとも最近は機械審査になっていますから機械が自動的にスーパーホワイト状態だと否決するようになっていると思いますが。
従ってクレジットカードを取得する為に、このアコマスをまず作ってみるというのもありなわけです。異動記録ありのブラックでも作れるんですからスーパーホワイトの方が作れない道理はありません。年会費無料ですしね。

では、アメリカンエキスプレスカードのCICに記録されている情報を見てみましょう。
アメリカンエキスプレスの信用情報の記録
契約の内容がこちらもカード等となっていますね。契約年月日が10月21日となっています。これは多分アメックスからCICに報告した日ということじゃないでしょうか?実際の申込日は9月22日ですから。
支払い回数は1回。アメックスは基本1回払いですからね。
10月の欄に-が記載されていますね。アメックスは特殊なようできちんと支払えば$マークではなく━になるそうです。

さらにCICの情報は、クレジットカードに申し込んだ記録と、途上与信などの利用記録があります。
申込記録は申し込んでから6カ月記録されますので当然アコマスとアメックスの記録はありますが、ありました、楽天カード(笑)

楽天カードには申し込んだのに利用した記録はないですし、過去に利用していた記録もないんで、あ、こいつ楽天カード否決されてやんの(笑)と、見る人が見たらばればれですね。→アメックスは作れたのに楽天カードは審査落ちした

実際問題として、KDDIの完済したとは言え、異動記録が合計4件もありますから、アコムマスターカードやアメリカンエキスプレスカードは作ることができても普通の日本のクレジットカードは否決でしょう、ええ、否決です。
試しに他のカードを申し込んでみたいのですが、業界には多重申込は否決という慣行があるようで(笑)短期間に何枚もクレカを申し込んでるとそれだけで信用状態悪化で落とされるようです。

ちなみに単なるAマークが並んでいても異動とは違います。また、異動の記録はCRINというもので情報の共有がなされています。
この信用情報の記録は当該金融機関を利用中、及び利用終了後5年間は残ることになりますので当該信用情報機関に加盟していなくても別の信用情報機関に加盟していれば異動の情報は分かってしまいます。

昨日某サイトで楽天カードを作ると14500円もくれるということで試しに申し込んでみました。

以前も何度か申し込んだ事がありあますがいつも審査落ちです。楽天の場合は自分の審査状況を調べられますが、ものの3分ほどで否決されていました。
楽天カード見送り 審査否決

CICに異動が残ったままでしかも合計3件はまだあると思いますので(全てスマホの分割購入滞納です)通常のクレジットカードは無理でしょうね。

また、数年前から何度か申し込んでいていつも否決されていますが、もしかして社内ブラック的なものにもなっているかもしれません。

自己破産後6年ほどした会社員時代に自分は記録が奇麗だと思い、審査が緩いと言われていた楽天カードに申し込んだんですがこの時点で全国銀行信用情報個人センター(KSC)にはまだ破産した情報はのっていますし、JICCの方にも消えていたはずの消費者金融1件が残っていました。

従って楽天銀行はKSCに加盟していますから当然自己破産した事はばればれですよね。当時はこういった知識がなくて楽天は無職でもカードが作れるとかいうネット上の話を鵜呑みにしていというか淡い期待を持って申し込んでいました。

今思えばファミマのTカードも確か同じような時期に申し込んでいたと思います。

問題は自己破産したという情報を一旦記録するとそれが仇となってその金融機関では一生クレカが作れないのか?という点ですよね。
別に楽天カードはなくても生きていけるのでいいのですが、海外の空港ラウンジが使い放題で年会費が1万円というのがウリの楽天プレミアムカードはちょっと欲しい気もしますが・・・。
つまり、自己破産や債務整理をしてまだ信用情報に記録が残っている状態(ブラック)でクレジットカードなどの申込をしてしまうと審査否決は当然ですが、自己破産時の取引金融機関でなかったところにまで自分は自己破産でしたよ~てへぺろ~とブラック情報を撒き散らし、その情報が当該金融機関に保存されてしまうのではないかと・・・

※ちなみにアコムは自己破産時、一度もお世話になったことがありませんでした。申込さえ一回もしたことなかったんですよね。不思議ですが(笑)勿論アメックスなんか眼中にありません(笑)

いずれにしても自己破産や債務整理などの記録が信用情報からきちんと消えるまではむやみにクレジットカードの申し込みは避けるべきだということでしょう。

てゆーか、そもそも私の場合はCICに異動記録が残っていますからどっちにしても否決でしょうが(笑)

でも無職でもつくれたという話もありますし、信用情報さえ奇麗であればあっさりと合格するんじゃないかと思いますね。

出来るだけブラックにならない方法~スマホはクレジットカードで買う

信用情報機関にいわゆるブラック=異動記録がのると、ほぼクレジットカードは作れなくなりますし、各種ローンの審査も通りにくくなります。
延滞の意味のAマークやPマークがたくさんある人も審査ではかなり不利になることは想像に難くありませんね。
最近多いのは携帯やスマホを分割で購入して延滞してしまい、信用情報に傷がついてしまう人です。
支払いが遅れたと言ってもそれは2、3回だし、ちゃんと完済しているから大丈夫だと思っている人が多いと思いますが、ここに落とし穴があります。
確かに支払い遅れとはいっても1日2日くらいの遅れですぐに支払っていたりすると信用情報には記載されない事もあるかもしれません。
でも、支払い遅れの記録は信用情報ではAマークやPマークできちんと記録されています。
数日の支払い遅れは全然問題ないと思って、毎月毎月督促のハガキがきてから支払っている人も結構いると思いますが、この場合信用情報を見るとAマークが行列をなしているわけです。
最終的にきちんと分割購入代金を完済して異動記録にはならない場合であってもAマークが行列をなしていると、それを見た金融機関はどう感じるでしょうか?
(スマホ分割代金を延滞して強制解約などになって異動記録がついている場合はおそらくどこの携帯会社も分割でのスマホ購入は拒否されるでしょう。これは延滞を完済していても同様だと思われます。私はau延滞、解約、異動記録、完済後分割を申し込みましたが断られました。)
そんな人にお金を貸そうと思うでしょうか?
そして、更に怖いことはこの情報は原則として支払完了後5年間残る点です。通常スマホなどは24回の分割で購入しますね?そして信用情報は直近から過去2年分の支払い情報が記載されてそれを見ることができます。
スマホの分割が24回というのは仮に初回1回延滞しただけでもそれがずっと見えるわけです。つまり大体7年間ですね。
他のローンなんかだと3年前の延滞記録(異動ではない)はその後きちんと支払いを続けていればもはや見ることはできません。
直近の24回とはそういうことになります。
また、分割ローンで購入して完済し契約終了した場合もその終了日からさかのぼって2年の記録が残ります。

従って、現時点でなんらかのローンを組んでいる場合はその信用情報を見てみると直近から2年分の情報を見ることができます。
仮に3年前に完済し終わったローン商品ですと完済し終わった日以前の2年分が記録に残っています。

つまり、携帯電話やスマホなどの24回払い以下で購入するような商品は1度でも延滞があればそれが少なくとも5年以上は記録として残るので非常に怖い商品です。36回払いとか48回払いの場合は最初のほうの延滞記録は見ることができません、記録が押し出されていくわけです。
クレジットカードなどもきちんと支払いを続けることによって記録を押し出すことができるわけです。

そういった意味ではクレジットカードを持っている人は、クレジットカードでスマホを購入して分割払いにしたほうがメリットがあります。
勿論、どちらにしてもきちんと支払わなければいけないことは言うまでもありませんが。