アコムマスターカードの返済方法まとめ

アコムマスターカードの支払い方法はいくつかあります。また支払い方法によって支払い期限も変わってきますが私はこれまでインターネット上のペイジーという方法で楽天銀行から支払いました。以下の記事を含めてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。
返済日前に支払うとどうなるか
リボ払いを返済してみた
返済期限日に注意
返済期限日が延びる?
返済をネットにしたら手数料無料

まず支払い方法は以下の4つです。

アコム 支払い方法

①インターネット
②コンビニ、銀行等の提携ATM
③アコムの窓口、ATM
④振込口座振替
上記の4つの方法です。アコムのサイトを見ますと口座引き落としは小さく書かれていますのでアコムさんとしては①~③の方法がデフォルトのような扱いでしょうか?
次に具体的な支払いのやり方を見てみましょう。

インターネットで支払う方法

は、ご自分の銀行口座がネットバンキング契約をしていなければ支払えません。アコム公式サイト該当ページ
ネットから振り込むといってもペイジーというシステムで支払いますのでそれに対応していなければなりません。対応可能な銀行一覧
ちなみに楽天銀行は対応しているものの、住信SBI銀行やジャパンネットバンクは対応していないようです。※ジャパンネットバンクはネット銀行の欄には掲載がありませんが銀行の欄には掲載があり、実際に支払えましたのでご報告しておきます。
ネットからの振り込みと記載されていますが厳密にはペイジーで決済しますので、土日祝24時間支払うことができます。勿論手数料も無料です。これは地味に大きいですね。

コンビニ、銀行などの提携ATMで支払う方法

ですが、→提携ATM一覧
セブン銀行
ローソン
イオン銀行
Enet
が対応していますね。他にも一部地方銀行ATMが使えます。多分コンビニATMに行ったほうが早いとは思いますが。
コンビニのATMだと勿論24時間支払えますね(メンテナンスなど除く)。しかし、注意したいのは提携ATMを利用する場合は手数料がかかる点です。

●1万円以下・・・108円
●1万円超・・・・216円

これは借入する場合も返済する場合もかかってきますのでご注意ください。

アコム店頭窓口、ATM

での支払いは店舗に併設されているATMだと24時間の利用が可能なようです。店頭窓口で返済する場合などは営業時間でなければなりませんから事前に利用する店舗の営業時間などを調べてから行くといいでしょう。→店舗ATM検索
勿論手数料はかかりません。

アコム支払い、振込口座振替の手続き

まずご自分で直接アコム指定口座へ振り込む方法で支払うことができます。振込口座はアコムの会員メニューにログインし、返済時の振込入金口座照会で確認できます。振込手数料はご自分で負担することになりますし、当然銀行営業時間内にしか支払えませんから注意が必要です。
次に口座振替ですが、これはサイト上からの申込フォームがないようですので電話で申し込む必要がありそうです。
振込口座振替でのご利用方法

支払い期限日について

アコムマスターカードの支払期日に注意
返済期日は2パターン

前回返済期日から35日

正確には前回返済日の翌日から数えて35日目が支払い期限になります。
注意が必要なのは手数料(利息)発生日です。手数料発生日を勘違いしていました→アコマスのリボ払いを返済してみた
初回の利用分を翌月7日までに全額支払うと手数料(利息)は発生しません。8日から手数料が発生、従って10日に支払えば3日分の利息が発生しています。また、その時点で利用残高があれば、11日から35日目までが次回の返済期限ということになります。→アコムマスターカードの金利
締め日は毎月20日ですので、例えば15日に利用した分を翌月7日までに全額支払えば手数料(金利)はかかりませんので事実上の一回払いの無利息です。

毎月指定期日返済の場合

確かアコムに申込をする時に返済期日を指定する欄があったと思います(うろ覚え)が、後で指定することもできるようですね。この場合は勿論ご自分の指定した期日が返済期限日となります。
そもそも前回返済期日翌日から35日ルールを守っていればいつ返済してもいいわけですから返済期日を指定するメリットはあまりないようですが。

口座振替での支払いの場合

口座振替でアコムに返済する場合は期日が6日固定のようです。→アコム公式 ご返済期日

ネットバンク口座を持っている方ならやはりネットを使ってペイジーで支払う方法が一番良さそうですね。
提携ATMや、銀行から直接振り込む支払い方法をとるくらないなら窓口、もしくは店舗ATMまで行ったほうが手数料的には得になります。

公開日:
最終更新日:2017/02/12