アメリカンエキスプレスの利用限度額を一律にもうけていないという本当の意味

   

前回、アメリカンエキスプレスの利用可能額が5万円にひきさげられた話をしましたが、事実上の利用停止か?

その後、数日で10万円に回復し、更に本日利用可能額を照会してみると20万円まで利用可能額が回復していました。
アメリカンエキスプレスは少なくとも1か月に1度は途上与信をかけています。
そこで信用状態に変化があると(悪い方に)、利用可能額をその都度減額させているようです。
これが日本の通常のクレジットカードだと基本的には利用限度枠がそうそう変わることはありません(勿論まったくではないです)。アメリカンエキスプレスの場合はより柔軟に対応していると言っていいでしょう。
アメックスはよく一律に利用限度額のようなものはもうけていないといいますが、逆に言えば自由に限度額が変えられるわけです。アメックスの会員も目安の利用限度額は教えてもらえますが、それはあくまで目安であって使えると思っていた金額が使えなかったとしても文句は言えない、否、言わせない為に利用限度枠を事前に設定しないという保険をかけていると言えるかもしれませんね。
従って途上与信もそうですが、カードの利用状況などから個別のタイミングで利用可能額が変化してしまうのでいつもの感じでカードを使ったら使えなかった(限度額オーバー)という事態があり得るので注意が必要となります。
借金が多くなくても、他のカードの利用残高が多くなくてもこのような事態になる可能性があり、実際そういう報告もネット上で多いです。
私の場合は心当たりがあるので(笑)想定していましたが、心当たりがない人にとっては青天の霹靂でいきなりアメックスから通帳の残高のコピーを寄越せなどと言われたりすると、それはアメックスに対してかなり不信感を覚えますよね。
このあたりがアメックスに対する評判の悪さに影響しているのは想像に難くありません。

利用可能額が10万とか20万で、旅行にもほとんど行かない人が年会費12000円のカードを持つ意味はほとんどなそうですが(私のようなブラックは除く(笑))。

とは言え、アメックスには家電の保険やら、還元率の高いキャンペーンやらあるので魅力的な部分もありますがいかんせん年会費12000円はやはり私には高いと言わざるを得ません。

 - アメリカンエキスプレスは審査が緩い? , ,